過去の記事


見出し部分

社会福祉法人HOP エンデバー建設の様子です。 随時更新して行きます。

自立支援法・政省令改正パブリックコメントについて掲載されました。

・自家用有償旅客運送登録団体数・車両数(福祉有償)(過疎地有償)を掲載しました。

・東京交通新聞 2008年2月4日 <障害者乗り場は検討課題>を掲載しました。

・介護新聞 2008年1月17日 <介護労働者賃金引き上げで 民主党 衆院に法案提出> 法案抜粋 を掲載しました。

『障害者自立支援法の抜本的な見直しに向けた緊急措置 2007年12月』を掲載しました。

障害福祉サービスに係るQ&A(指定基準・報酬関係)(VOL.2)を掲載しました。

地下鉄駅車いす転落死一周忌「段差解消安心へ一歩」(朝日新聞2007/12/11記事)を掲載しました。

・札幌福祉交通セミナー(2007/3/3)

・「自立ホーム24(仮称)」起工式概要

・身体障害者福祉ホーム「自立ホーム24(仮称)」入居募集

・自民、憲法草案「法の下の平等」に「障害の有無」追加(2005/11/7)

・学生無年金訴訟、東京地裁−国の不支給処分取り消し(2005/11/7)

・介護福祉士2年→3年過程に移行を(2005/11/3)

・障害福祉サービス−利用者数に地域格差(2005/10/24)

・「在宅福祉事業」など交付金・統合補助金に(2005/10/24)

・障害程度区分判定試行事業(2005/10/24)

・地方案もとに議論−三位一体改革協議(2005/10/24)

・全福協−タク主体の制度求める(2005/10/17)

・介護職員基礎研修−実習増やし500時間に拡充(2005/10/3)

・自立支援法−障害者の不安配慮し議論を(2005/9/30)

・デイ食事負担軽減措置導入(2005/9/29)

・社保審−医療観察法部会を設置(2005/9/26)

・障害者の就労促進へ−職業安定局・職業能力開発局分(2005/9/26)

・生活保護受給者−国保加入案が浮上(2005/9/26)

・学生無年金新潟訴訟−原告側逆転敗訴(2005/9/26)

・補助犬法−改正向け検討会設置へ(2005/9/26)

・自立支援施策を推進−障害保健福祉部分(2005/9/12)

・福祉タク購入に低利融資−要望(2005/9/5)

・真の自立支援向け連携密に(2005/9/5)

・資格取得を支援し自立へ(2005/9/5)

・投票できない人多く(2005/8/25)

・介護給付費、格差是正を(2005/8/8)

・交通論壇(2005/8/8)

・「地方主導で再規制を」(2005/8/8)

・障害者が働く場の確立を(2005/8/1)

・最終回焦点−グランドデザイン(2005/8/1)

・福祉関係−20項目削減対象(2005/7/25)

・「寧楽共働学舎」焼失−施設再建へ支援の輪(2005/7/22)

・第23回焦点−グランドデザイン(2005/7/11)

・第22回焦点−グランドデザイン(2005/7/11)

・学生無年金訴訟−札幌地裁、原告敗訴(2005/7/11)

・搬送案内、月間100件増(2005/7/11)

・福祉配車センター整備も(2005/7/11)

・経営指針の確立を働きかけ(2005/7/4)

・改正障害者雇用促進法成立(2005/7/4)

・第21回焦点−グランドデザイン(2005/7/4)

・障がいのある方の意見を伺います(PDF)

・第20回焦点−グランドデザイン(2005/6/27)

・バリアフリー施策−対象に知的・精神障害者も(2005/6/20)

・医療観察法−行動制限基準(2005/6/20)

・自立支援法案学習会開催要項(PDF)

・「障害者自立支援法案」に対する民主党の対応

・雇用促進法改正案、衆院通過(2005/6/20)

・第19回焦点−グランドデザイン(2005/6/20)

・ユニバーサルデザイン大綱案(2005/6/20)

・「ちいさな手」6年間のあゆみから(2005/6/9)

・焦点−グランドデザイン(2005/6/6)

・タク救急搬送を拡大へ(2005/6/6)

・配車センターに重点(2005/6/6)

・焦点−グランドデザイン(2005/5/2)

・施設から送迎まで一貫(2005/5/2)

・「介護予防」に注目集まる(2005/4/25)

・交通論壇(2005/5/30)

・GH利用条件検討へ(2005/5/30)

・自立支援法案 障害8団体が初の意見陳述(2005/5/23)

・福祉車の助成 募集スタート(2005/5/16)

・介護予防に移送不可欠(2005/4/11)

・有償運送で研修・相談事業(2005/4/11)

・タク運転者 年収300万円未満、34地域も(2005/3/28)

・「全民救」創設へ20社結集(2005/3/14)

・タクが福祉の受け皿に(2004/12/13)

・「介護タクシー」と政策課題(2004/12/13)

・「自立支援法は当事者抜き」(2005/2/21)

・障害者自立支援法案、国会に提出(2005/2/21)

・介護殺人、何が悲劇を招いたか(2005/2/16)

・介護4年、難病の息子死なす(2005/2/15)

・体にやけど、84歳死亡(2005/2/13)

・たん吸引、ヘルパー解禁(2005/2/8)

・大阪で「医療・健康フェア」(2005/2/7)

・山口市長に千羽鶴贈る(2005/2/7)

・企業秘密漏洩の罰則強化(2005/1/22)

・介護認定8区分に(2004/12/23)

・介護保険一年利用したら要支援の3割悪化(2004/12/20)

・ハンドル型電動車いす利用拒否は差別(2004/12/17)

・厚労省が減免案 障害福祉サービス(2004/12/15)

・障害児、通常学級へ(2004/12/15)

・障害ある子にシッター派遣(2004/12/14)

・福祉輸送という視点(2004/12/6)

・障害者差別条例で排除へ(2004/12/5)

・障害福祉サービス「年1000億円抑制」(2004/11/28)

・240団体に福祉車助成(2004/11/22)

・看護師・介護士受け入れ人数白紙(2004/11/20)

・フィリピンから看護師・介護士(2004/11/20)

・福祉有償運送ガイドライン 近く実態調査(2004/11/11)

・STSの方向性を探るセミナー開催(2004/11/1)

・介護保険との統合・一般財源化にNO(2004/10/25)

・有償ボランティア運転者育成講習(2004/10/25)

・職員にたん吸引を認める(2004/10/11)

・22、23日札幌でSTSセミナー(2004/10/7)

・障害児に安心の空間(2004/9/29)

・多様な運営主体受け入れ(2004/9/27)

・障害者法定雇用 企業の入札優遇(2004/9/22)

・障害者「脱施設」促す(2004/9/16)

・経済連携交渉 深い溝(2004/9/16)

・乗降介助 月に40万回超(2004/9/6)

・地域福祉への交付金(2004/8/28)

・それでも難病ホスピスは必要(2004/8/18)

・対物加入実態を調査(2004/8/9)

・日本財団が新制度(2004/8/9)

・受け入れ先探し難航 高額の維持費が障害(2004/7/27)

・急増 痴呆高齢者グループホーム(2004/7/27)

・事業者の不正請求(2004/7/27)

・利用者へ積極アピール(2004/7/26)

・高齢者の負担3割に(2004/7/26)

・高齢者保険料 限界「4000円台」(2004/7/26)

・障害福祉 統合どうする(2004/7/26)

・障害者差別、条例で禁止に(2004/7/19)

・障害者就労施設体系見直しへ(2004/7/19)

・千葉県−障害者差別、条例で禁止(2004/7/8)

・東北タク連新会長に佐々木氏(2004/7/5)

・八雲病院再指定(2004/7/2)

・障害児に暴力的指導(2004/6/10)

・無年金障害者、民主が救済法案(2004/6/10)

・介護輸送等に係る説明会の開催について(2004/6/10)

・自立ホーム設計業者説明会参加者募集! (2004/5/25)

・介助犬の普及に貢献−スコット・リロイさん逝去

支援センターよりお知らせ

・デンマーク福祉セミナー(2004/11/24)

・峰崎議員、ホップと福祉政策協定を結ぶ(2004/5/13)

・NPO法人ホップ障がい者地域生活支援センター14年度事業報告書(PDF)

支援費制度情報

・障害者自立支援法が成立(2005/11/7)

・施設・事業体系の簡素化(2005/10/24)

・支援法案可決に落胆や怒りの声(2005/11/7)

・自立支援法案−大詰め(2005/10/31)

・支援費の事業所一覧(PDF)

・児童居宅支援・支給量決定基準(PDF)

・札幌市北区支援費支給決定審査基準(PDF)

・障害施策の不安訴え(2005/10/24)

・障害者自立支援法案−低所得者対策(2005/10/10)

・障害者自立支援法案−医療費軽減措置(2005/10/10)

・障害者自立支援法案参院審議入り(2005/10/10)

・利用者に不安・困惑(2005/10/10)

・支援法案 国会に再提出(2005/10/3)

・小泉首相 来年4月施行明言(2005/10/3)

・支援法案の再検証を(2005/10/3)

・障害者自立支援法案−再提出へ(2005/9/19)

・自立支援法案内容−自民・公明3割が否定的(2005/9/5)

・自立支援法、自民法定化明言せず(2005/9/5)

・乗降介助−縮減の方向(2005/9/5)

・障害者自立支援法案廃案に(2005/8/17)

・支援費の財源不足再燃(2005/8/15)

・減免−預貯金350万以下要件(2005/8/8)

・自立支援法案、道筋見えず(2005/8/8)

・低所得者対策(2005/8/1)

・参院で審議入り(2005/8/1)

・「そのまま可決しないで」(2005/8/1)

・与党政省令案の要望事項(2005/7/18)

・衆院厚労委で修正、可決(2005/7/18)

・「何も解決していない」(2005/7/18)

・施設・GH個別減免−対象基準明示(2005/7/18)

・賛成多数で衆院通過(2005/7/25)

・障害者負担−どう軽減(2005/7/16)

・「このままの法案では自立できない」(2005/7/11)

・与党が修正案(2005/7/11)

・自立支援医療−「重度かつ継続」焦点(2005/7/4)

・障害者自立支援法案−修正協議物別れ(2005/7/4)

・障害者自立支援法案−利用者負担と低所得者への配慮措置(2005/6/27)

・障害者政策伴わぬ実態(2005/6/28)

・年金や手当充実が先(2005/6/28)

・会期延長で慎重審議へ(2005/6/20)

・施設で3割増と試算(2005/6/6)

・東京都−障害者自立支援法案に見解(2005/6/6)

・障害者自立支援法案 国会審議始まる(2005/5/2)

・認定調査は約100項目(2005/5/2)

・政省令は213項目(2005/5/30)

・機能訓練、単価1.7%減(2005/3/21)

・「応益負担導入は乱暴」(2005/5/23)

・福祉有償運送は死活問題(2005/5/16)

・道が特区申請(2005/3/3)

・「行動援護サービス」創設(2005/3/3)

・乗降介助 障害者輸送にも適用(2004/9/27)

・介護保険「統合」 利用者38万人増(2004/9/22)

・「通院公費制度 存続して」(2005/3/21)

・障害者の支援費200億円以上不足(2004/9/17)

・障害福祉と結ばれるには(2004/8/12)

・統合賛成は9県(2004/7/26)

・介護保険、87%が「評価」(2004/7/26)

・首長の48%が反対(2004/7/26)

・対象年齢拡大 賛否は(2004/7/26)

・なぜ統合浮上(2004/7/26)

・統合問題難航も(2004/7/26)

・障害者部会中間まとめ(2004/7/19)

・介護保険見直しによせて(2004/7/8)

・統合問題、障害者団体に意見の割れ(2004/6/19)

・制度統合、知的障害者団体賛成へ(2004/6/8)

・支援費制度、介護保険統合について

・グループホーム・ホームヘルプサービス支援費の単価削減等に関する要望

・支援費Q&Aを掲載(2004/3/20更新)

社会福祉法人ホップよりお知らせ

・ホップだより(5,6月合併号)

身体障がい者福祉ホーム「自立ホーム24(仮称)」 創設計画設計事業者説明資料

.・障害、高齢者に快適住宅を(北海道新聞平成16年5月28日札幌圏版)

・障害者用賃貨住宅(日本経済新聞平成16年5月27日)

STS情報

・小金井福祉運営協(2005/12/5)

・23団体291台を許可(2005/11/7)

・有償運送に「乗合」容認(2005/10/31)

・広域的福祉有償運営協−区部と多摩で設置へ(2005/10/24)

・府内11団体の申請承認(2005/10/17)

・全乗連−セダン特区「全国展開は断固反対」(2005/10/17)

・福祉運営協設置促す(2005/10/10)

・福祉タクシー業者リストを掲載

・三重県もセダン特区申請(2005/10/10)

・セダン特区申請52件も(2005/10/10)

・福祉運営協−設置促す(2005/10/10)

・6団体の申請を承認−名古屋(2005/10/3)

・福祉有償運営協設置見通し(2005/10/3)

・岩手県で動き、当面見合わせ(2005/10/3)

・タクとNPO“協働”求める(2005/9/26)

・福祉輸送でアンケ実施へ(2005/9/26)

・枚方の共同配車C視察(2005/9/26)

・名古屋市で福祉運営協(2005/9/19)

・ケア輸送サービスで差別化(2005/9/19)

・日野市セダン特区申請へ(2005/9/19)

・ボラ有償小委顔ぶれ確定(2005/9/19)

・名古屋で福祉運営協(2005/9/5)

・社会貢献の芽摘まぬよう(2005/9/12)

・80条対応はやめるべき(2005/9/12)

・運賃1/2で判断の目安作る(2005/9/12)

・評価委−判断先送り(2005/8/29)

・「特区」提案を検討(2005/8/29)

・タクとNPOの連携促す(2005/8/29)

・福祉タク補助制度を創設(2005/8/22)

・料金「総額方式」は否定−練馬区運営協(2005/8/29)

・山梨県が「セダン特区検討」(2005/8/29)

・福祉有償−年内目途に新制度設計(2005/8/22)

・福祉運営協圏域別研究会(2005/8/22)

・過疎地型、観光型など地域に対応(2005/8/8)

・世田谷区−福祉配車センター検討(2005/8/1)

・3団体の80条申請了承(2005/8/1)

・有償運送−8団体96台許可(2005/8/1)

・東金・流山市で福祉運営協設置(2005/8/1)

・愛知の「セダン特区」全県対象に(2005/7/25)

・既存タクとすみ分けを(2005/7/25)

・有償運送見直し(2005/7/25)

・「セダン特区全国化」平行線(2005/7/25)

・患者輸送審査、課題に(2005/7/25)

・名タ協「セダン特区」対応(2005/7/18)

・練馬福祉協−運賃2分の1ルール初判断(2005/7/18)

・多摩福祉運営協(2005/7/11)

・特区全国化−合意できず(2005/7/11)

・愛知県、セダン特区認定(2005/7/11)

・セダン特区全国化先送りか(2005/7/11)

・福祉有償セダン型特区の全国化了承(2005/7/4)

・大和市−運営協満2年(2005/7/4)

・都内で相次ぎ福祉運営協(2005/7/4)

・高崎で福祉有償運送許可(2005/6/20)

・古平町−ボランティア輸送(2005/6/9)

・杉並区福祉運営協始動(2005/6/6)

・運営協ありきが原則(2005/4/25)

・福祉有償運送−3団体協力、要請へ(2005/6/2)

・「セダン型特区」23地域に(2005/5/30)

・東京都が広域運営協(2005/5/30)

・福祉車では実態沿わず(2005/5/30)

・社協の80条許可取得も運営協での協議が必要(2005/5/16)

・移送ネット泉州が発足(2005/5/16)

・福祉運営協設置求め全国統一要請行動(2005/5/16)

・救急搬送の参入緩和(2005/3/28)

・「全国化」へ調査開始(2005/4/11)

・NPO2団体の申請了承(2005/3/28)

・練馬区など福祉有償特区認定へ(2005/3/28)

・板橋区も発足(2005/3/14)

・宮城県も全県エリアで(2005/3/14)

・18日に介護移送研究会(2005/3/14)

・地域密着型タクシー(2005/3/3)

・関西STS連がセミナーを開催(2004/12/13)

・暴力から守る移送サービス(2004/12/13)

・大阪府における福祉有償運送の取り組みについて

・長野は全県ベースで(2005/2/14)

・流山、今市市で有償運送(2005/2/14)

・福岡県で「運営協」活発化(2005/2/14)

・17日に運営協−高崎市(2005/2/14)

・許可審議する協議会ゼロ(2005/2/3)

・「難病患者」に割引適用(2005/2/7)

・運行管理者「資格者証」義務づけ(2005/2/7)

・社福協に80条許可(2005/2/7)

・NPO有償運送なぜ進まない(2004/12/8)

・UD懇で意見紹介(2004/12/6)

・セダン特区2ヵ所認定(2004/12/6)

・福岡のNPO セダン特区申請(2004/12/6)

・来年度中に運営協設置(2004/11/22)

・訪問介護事業者こそ福祉介護移送の主役(2004/11/22)

・障害児の通学利用多く(2004/10/25)

・運営協緊急フォーラム(2004/10/25)

・札幌で配車センタースタート(2004/10/7)

・共同配車センター始動(2004/10/4)

・「乗降介助は残す」(2004/10/4)

・福祉タクシー共同配車(2004/9/29)

・“自家用車有償”が許可(2004/9/6)

・運営協を6日開催(2004/9/6)

・県単位の福祉輸送 タク表示通達を改正(2004/9/6)

・移動サービス基準・解説本刊行(2004/9/6)

・許認可権は移譲しない(2004/8/9)

・「運営協議会」設置が課題(2004/8/9)

・ヘルパー車持ち込み許可(2004/8/9)

・交通バリアフリー 地域住民参加(2004/8/9)

・いち早く有償運送始動(2004/8/9)

・地元密着、福祉タクシー「起業」(2004/7/29)

・福祉運営協が再始動(2004/7/26)

・タクとNPO協働で(2004/7/12)

・宮川タクに「白」許可(2004/7/12)

・カギ握る運営協設置(2004/7/12)

・「運営協」早期設置を(2004/7/12)

・福祉移送に7類型を例示(2004/7/12)

・三ヶ森タク月利用7000人に拡大へ(2004/7/12)

・特区・再生計画規・制改革提案(2004/7/12)

・全国8か所でモデル研修(2004/7/5)

・「共同配車」構想を推進(2004/7/5)

・「移動ネットあいち」設立(2004/6/1)

・配車センター設置調査へ(2004/6/1)

・介護乗合タク、相乗りに乗客が抵抗感(2004/6/1)

・福祉輸送世界会議 (2004/5/31)

・乗り慣れた車を福祉仕様に(2004/5/25)

・24時間配車 参加団体募集(2004/3/16)

・福祉関係通達、今週にも。最低車両1台に統一(2004/3/08)

・介護輸送に係る法的取扱い方針について

支援機器などの情報

・神タ協−福祉、環境にやさしい車両(2005/10/17)

・車種問わず取り付け可能(2005/8/4)

・エムアイメディックス−介護タクシーに参入(2005/8/4)

・福祉車両をレンタル(2005/8/1)

・道内どこでも配送(2005/6/30)

・視覚障害者に薬の音声情報(2005/3/30)

・安心・快適性より充実(2004/9/2)

・新型2ボックス車 トヨタ「ポルテ」発売(2004/7/27)

・電動車いす、部品脱落恐れ(2004/6/9)

・クボタ製電動車いすに不具合(2004/6/9)

・携帯端末で複数の機器操作(2004/6/8)

・SPコードで情報格差なくせ(2004/6/3)

その他

・障害者のIT支援−Vr中心では限界(2005/10/24)

・精神手帳40万人強(2005/10/31)

・長崎県のタク事業者−精神障害者割引導入へ(2005/10/31)

・ヘルパー−介護福祉士へシフト(2005/9/29)

・介護福祉士一本化で(2005/9/27)

・ジョブコーチ助成対象に(2005/9/26)

・交通バリフリセミナー(2005/9/12)

・トレーナー研修会を開催(2005/9/12)

・障害者負担増の不安(2005/9/9)

・介護保険給付対象の福祉用具5品目追加(2005/9/8)

・福祉タクの特別償却延長を要望(2005/9/5)

・自転車と一緒−地下鉄でGO(2005/9/5)

・ボラ輸送運転者育成に2千万円(2005/8/29)

・宮園自の福祉タク視察(2005/8/29)

・搬送増加、民間と協力(2005/9/4)

・知的障害者の親が入る死亡保険(2005/8/19)

・人口減社会は支え合い(2005/8/15)

・タクの日−車いすで試乗体験も(2005/8/8)

・生活保護費見直し(2005/7/18)

・障害者などに職業能力開発を推進(2005/7/18)

・中越交通が需要開拓策(2005/7/25)

・移動制約者の旅行支援(2005/7/21)

・無年金障害者救済法−民主党が改正案提出(2005/7/16)

・透析患者送迎でNPO幹部講演(2005/7/18)

・障害者虐待防止法案(2005/7/11)

・若者自立支援−相談窓口を設置(2005/7/11)

・障害者雇用促進へハンドブック作成−行政向け(2005/7/11)

・障害者雇用率−義務違反2社公表(2005/7/11)

・市町村障害者生活支援事業−受託団体61%が委託費減(2005/7/4)

・障害者の自立支援明記(2005/6/27)

・作業所支援に議連(2005/6/27)

・根本治療の早期確立を(2005/6/27)

・障害者の自立支援盛る(2005/6/20)

・20人に1人に障害(2005/6/20)

・補助犬使用者−半数が同伴拒否経験(2005/6/20)

・障害者の立場で応対(2005/5/2)

・全福協−副会長に若手を起用(2005/6/6)

・地域支援事業の目標示す(2005/4/25)

・地域交通や福祉有償を紹介(2005/4/11)

・今後の作業所のあり方

・介護士受け入れ次回継続協議へ(2005/3/21)

・タクの事故率「高い」と指摘(2005/3/14)

・車に警報装置、義務化(2005/3/11)

・「ヘルプカー」新千歳に登場(2005/2/16)

・タクシー規制「逆特区」(2004/12/8)

・「サービス介助士」全店に(2004/8/10)

・代理記載導入で「久々に一票」(2004/7/2)

・郵便等による不在者投票の対象者の拡大